ログイン

DC
養豚原水向けスクリーン

SPATON テクノロジー

トンパラフィルター

糞尿混合のような高濃度原水でも目詰まりしないメンテナンス容易な畜産糞尿固液分離装置「SPATONテクノロジー」採用

洗浄水は必要なくメンテナンスはほとんど必要なし。
回収したし査によるマット効果でSS除去します。

養豚原水の特性である夾雑物を含む高濃度原水を得意とするスクリーンです。高濃度原水を確実にスクリーニングして後段へのトン毛流出を防止します。更に回収した固形物の水切れが抜群に良好でハンドリングが良く固形物の堆肥化もスムーズです。

1.
目詰まりが起こりません。
洗浄水・ブラシ不要。

フィルターが動くことで常に互いのギャップを清掃し、目詰まりが発生することなく固液分離します。

2.
水が走りません。

投入された原水が運転水位を超えないよう水位調整管から原水槽への戻り配管を設置しています。この為に、未処理の原水が排出側から固形物と共に流れ出ることを確実に防止する事が可能です。

3.
マット効果

回収されるし渣がマット状に形成されることにより自らのフィルターの目幅より微細なSSやトン毛の除去を可能にします。トンパラフィルターは糞尿分離から糞尿混合原水の幅広い養豚原水に対応します。

4.
メンテナンスが容易。

構造がシンプルである為に故障の発生する可能性が少なく、駆動機器類はすべて屋外仕様・無給油タイプです。 主要部は全てステンレスを使用しています。
また、日常の運転調整はほとんどありません。

原水槽よりポンプアップで原水を供給します。整流箱を経由して、均一な流れとなった原水はオーバーフローによってフィルターへ投入されます。運転水位を超える原水は水位調整管より再び原水槽に戻ります。フィルターに投入された原水は、ギャップより水分が落下して、フィルターの動きによって固形物を緩やかに搬送しながら、同時に目詰まりを防止します。固形物は出口付近のウエイトによりさらに付着水を除去され、シューターから自動的に落下します。

機種選定に当たっては、ふん尿分離、ふん尿混合の
対象汚水性状に応じたモデルの選択が可能です。
  ふん尿混合仕様(M)
目幅1.35mm
ふん尿分離(S)
目幅0.5mm
DC-250R (M / S) 2.0 ~ 8.4 m3 / 時 1.0 ~ 4.2 m3 / 時
DC-500R (M / S) 4.0 ~ 16.8 m3 / 時 2.0 ~ 8.4 m3 / 時
DC-750R (M / S) 6.0 ~ 25.2 m3 / 時 3.0 ~ 12.6 m3 / 時
DC-1000R (M / S) 8.0 ~ 33.6 m3 / 時 4.0 ~ 16.8 m3 / 時

※処理能力は、TS濃度4〜1%とした場合。

導入事例 DC-1000R(M) 沖縄県某養豚場

全景
ろ過部状況

Contact Us

どうぞお気軽にお問い合わせください。
各サービスに関しての資料請求も承っております。
弊社施設内において、実機による性能評価試験も行っています。
当社脱水機のレンタル / 実機による性能確認試験はじめました!
(弊社の神奈川県相模原市内の施設内)
下記お問い合わせください。
お電話での
お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 045-594-9100

提携パートナー様向け 技術サポート  045-594-9102

土日祝日を除く 午前9時〜午後5時
FAX 045-594-9101