ログイン

SPATON テクノロジー

当社独自特許によるプレート構造による
Screening(固液分離)Dewatering(濃縮・脱水)技術の融合

当社の汚泥処理機には、独自開発したユニークな2組のプレート構造を利用した固形分離技術(特許取得)が採用されています。
この技術の最大の特徴は、搬送能力の低下が起きないこと。
そして、目詰まりすることがないために洗浄水を必要としないことにあります。

一般的な多くの脱水機の場合、このような理由から脱水機内部に汚泥が停滞し、最終的に内部閉塞事故を引き起こしやすくなります。
搬送能力の低下の起きないSPATONテクノロジーは、先ずこの問題を解決できます。
更に、SPATONテクノロジーとは、2組のプレート構造を利用して固液分離しますが、この2組のプレートは常に互いの隙間をセルフクリーニングする関係性を持つために目詰まりすることなく洗浄水を必要としません。
SPATONテクノロジーとは、搬送能力の低下が起ることなく、目詰まり洗浄水も必要としない唯一のテクノロジーです。

SPATONテクノロジーの構造原理

1.
ハードな(無機・夾雑物・含油)汚泥に
強いタフな構造原理

①Al汚泥・Fe汚泥・Ca汚泥等の無機凝集剤起因の汚泥。
②金属加工排水及び新幹線などの足廻り洗車排水に含まれる無機質と
 鉱物油を含む汚泥。
③モップや化学雑巾の洗濯排水や畜産や屠場などの繊維質を含む汚泥。
 このようなタフな 汚泥でも搬送能力の低下が起こる事はありません。

2.
目詰まりが起こらず、一切の洗浄水が不要

2組のプレートは交互に積層され互いの隙間に配置されます。稼動プレートが固定プレートの隙間を僅かに円運動をする事でセルフクリーニングされます。このセルフクリーニングによって、ろ過部の再生が繰り返されることから一切の洗浄水は必要ありません。

3.
ろ過部の高い耐久性

ろ過部の材質は、ステンレス製のために高い耐久性があります。更に、プレート群同士は非接触であることから長期間に渡りろ過部の機能を維持できるため高い経済性があります

SPATON脱水機は無機物や夾雑物や含油などのハードな汚泥に強く 、搬送能力の低下を招くこと無く目詰まりが起らず、洗浄水不要で脱水処理を実現。

工場向けとしては、無機汚泥や含油汚泥に非常に優れた処理性能を発揮しています。
また、養豚原水前処理脱水機としては多くの夾雑物混在のふん尿においても同様に、汚水処理の前処理脱水として高い処理性能を実現しています。

実際のSPATON脱水処理

工場処理例
油分の脱水処理(RZシリーズ)

塗装工場・化粧品工場などの「加圧浮上汚泥」に含まれるAL/Feなどの無機汚泥を脱水

畜産例
夾雑物・繊維分の脱水処理(NDXシリーズ)

養豚場などの夾雑物やトン毛を含む原水を強力に連続脱水処理

SPATONテクノロジーの優位性

SPATONテクノロジー構造

2組のプレート群と
加圧板から構成される構造

固定プレートと稼働プレートをそれぞれプレート群とし、各プレートが交互に配置されるように組み合わせられることで平面上ろ過面を形成しています。さらにろ過面を覆うように加圧板が取り付けられ内圧が加わり脱水される仕組みです。


① 汚泥に凝集剤を添加してフロック化され、ろ過面に流れ込みます。
② No1駆動の回転に伴ってプレートの隙間から重力によって、濃縮ろ液が排出されます。
③ 徐々に濃縮を繰り返しながら加圧板とろ過部との容積が次第に小さくなること、加えてNo2駆動の円運動効果も合わさって圧搾脱水され脱水 ケーキとなって排出されます。


汚泥の特性と処理規模によって、
最適な濃縮機構を付加して大幅に処理性能UPさせます。

SPATONテクノロジー基本構造に、水処理汚泥から発生する低濃度汚泥に対しては、濃縮部と脱水部の個々の駆動速度を可変して含水率重視の自動運転を実現させます。 一方、養豚原水前処理脱水機のように、繊維質が多く濃度が高い原水に対しては、混和槽の出口に簡単な濃縮機を取付け、より高濃度にしたフロック化汚泥をろ過部に供給して脱水処理速度を上昇できるようにしています。

RZモデル
NDXモデル

納入事例

SPATONテクノロジーでは、排水に由来する油分・凝集剤由来の無機分、製造工程中の粉炭混入など、実に様々な理由から無機化された汚泥が発生します。これらの無機化した汚泥はSPATON脱水機に適した水処理汚泥といえます。

水処理汚泥の脱水納入事例

あらゆる産業活動から排出される汚水の浄化に伴い発生する【汚泥】を、出来る限り減容化することで処分コストの低減を目的とする。

業種
汚泥特性
汚泥特性
含水率
(%)
汚泥種 特 徴 TS
(%)
VTS
(%)
n-hex
(mg/ℓ)
粗繊維
(%)
化粧品工場 加圧浮上 ファンデーション製造排水・AI汚泥 2.3 58.6 4200 - 76.8
車両基地 加圧浮上 車両洗浄排水 1.9 29.1 220 - 73.2
アルミ鋳物工場 加圧浮上 アルミ鋼材製造(AI汚泥・離型剤) 1.8 42.1 640 - 81.1
製菓工場 加圧浮上 チョコレート工場 2.3 56.8 900 - 82.3
コンビニ弁当工場 加圧浮上 弁当総菜排水(AI汚泥) 2.6 84.5 2500 - 79.9
マット・モップ洗濯工場 加圧浮上 モップの繊維くず、油分 2.7 64.6 5600 1.7 73.2
工業薬品工場 凝集沈殿 粉炭・AIなど 0.7 29.3 5 - 58.9
塗料メーカー研究所 凝集沈殿 4.6 36.8 2800 - 64.4
馬 屠場 余剰汚泥 細かい繊維質が含まれる。油分も多い。 2.1 88.9 1600 - 79.4
豚 養豚場 余剰汚泥 繊維質が含まれる。 1.8 55.3 - 2.2 80.1
SPATON 脱水機に適する排水事例
  • 電着塗装排水
  • モップ・マット洗浄排水
  • 業務用コンテナ洗浄排水
  • 染色工場
  • 新幹線 / 地下鉄洗車排水
  • アルミ鋳物工場
  • ウォータージェット機会排水
  • 活性炭ろ過排水
  • オイルフィルター洗浄排水
  • 飛行機などの機体洗浄排水
  • 自動車部品製造排水
  • PET破砕クズ洗浄排水
  • 海上コンテナ洗浄排水
  • 化粧品原料
  • 洋菓子工場
  • ゴミ漫出排水
  • 養豚排水
  • 醸造排水
  • 製菓工場
  • 金属部品工場
  • 石膏ボード製造排水
  • 鳥・豚・馬屠場排水
  • 各食品工場
  • 段ボール 印刷排水

養豚場の納入事例(原水前処理脱水)

養豚原水は、繊維質や夾雑物を含む【ハードな汚泥】の代表的なものであり、SPATON脱水機の強みが活きる事例で最も多くの納入実績を有します。
養豚原水には大きな特徴が3つあります。

①SS濃度が非常に高いこと。豚舎の構造や肥育形態によって
 異なるが概ね10000~50000㎎/リットルとなります。
②トン毛や未消化のエサくずの食物繊維が
 多量に含まれていること。
③固形物(糞)に由来のBOD量が非常に多く含まれることにある。

後段の汚水処理設計を考慮すると、可能な限り原水脱水することで糞のBOD分が汚水に溶け込む(溶解性BODへ移行)ことを防止できるため有効な手段です。
脱水後のろ液は、SS=90% BOD=50%以上の高い除去性能を発揮します。回収されたSSとBOD分は含水率70~80%程度の脱水ケーキとして排出されます。

右図は、3,000頭規模から4,000頭規模へ規模拡大に伴う汚水処理機能強化策として、SPATON脱水機を導入した事例です原水前処理脱水を行うことで、経営規模1,000頭拡大しても、脱水ろ液の負荷量は当初の3,000頭以下まで削減可能です。
スペース・コスト・運転管理を含めて非常にわかりやすく経営規模拡大のお手伝いすることができます。

SPATONテクノロジーの製品拡張

当社の独自開発したユニークな2組のプレート構造を利用した固形分離技術(特許取得)SPATIONテクノロジーは、各納入先の用途に応じて濃縮・脱水機能をよりカスタマイズし、目的特化した形で各ラインナップとして独立させご提供しています。

Contact Us

どうぞお気軽にお問い合わせください。
各サービスに関しての資料請求も承っております。
弊社施設内において、実機による性能評価試験も行っています。
当社脱水機のレンタル / 実機による性能確認試験はじめました!
(弊社の神奈川県相模原市内の施設内)
下記お問い合わせください。
お電話での
お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 045-594-9100

提携パートナー様向け 技術サポート  045-594-9102

土日祝日を除く 午前9時〜午後5時
FAX 045-594-9101